So-net無料ブログ作成
検索選択

幕を閉じた「開かずの踏切」 [社会]

IMG_8340.JPG
 ピーク時には1時間に57分も遮断されるなど、60年以上前から「魔の踏切」と恐れられていたJR戸塚駅前の大踏切は、3月25日の16時をもって廃止されました。
同日の15時からは、一足先にアンダーパスが開通。その歴史的瞬間を一目見ようと、戸塚駅周辺には大勢の市民や報道関係者が詰めかけました。

 駅周辺で一部100円で販売されていた『戸塚踏切新聞』の記事によると、1962年(昭和37年)から始まった戸塚駅周辺のまちづくり計画は、この日のアンダーパス開通で造成や建築に関する事業は終了する、との事。これによって「大踏切に代わる戸塚の新しい物語を作っていく時代がスタートする」のかどうか、記者としてもじっくり観察していきたい所です。
IMG_8298.JPG
IMG_8293.JPG
 ちなみに、西口側から「アンダーパス一番乗り」を果たしたのは、写真のバイクでした。
IMG_8279.JPG

いよいよ秒読み [社会]

IMG_8261.JPG
 本欄でも度々取り上げて来ましたが、長らく続いてきたアンダーパス工事もほぼ完了し、あとは今月25日の開通式を待つだけとなりました。
  これによって戸塚駅前の"最大の難所"となっていたJRの大踏切は廃止され、「人は上(歩道橋)を、車は下(アンダーパス)を」という新たな通行形態が始まることになります。
IMG_8253.JPG
IMG_8267.JPG
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。