So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

とうとう廃止へ [社会]

画像-0812.jpg
 既に一部では報じられましたが、JR西日本はとうとう三江線(江津~三次間108.1㎞)の廃止を地元自治体に打診しました。
 (JR西日本「三江線鉄道事業廃止の意思表示について」→https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/09/page_9174.html

 記者は過去に2度ほど三江線を利用しましたが、ただただ残念と言うほかありません。
画像-0820.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

幕を閉じた「開かずの踏切」 [社会]

IMG_8340.JPG
 ピーク時には1時間に57分も遮断されるなど、60年以上前から「魔の踏切」と恐れられていたJR戸塚駅前の大踏切は、3月25日の16時をもって廃止されました。
同日の15時からは、一足先にアンダーパスが開通。その歴史的瞬間を一目見ようと、戸塚駅周辺には大勢の市民や報道関係者が詰めかけました。

 駅周辺で一部100円で販売されていた『戸塚踏切新聞』の記事によると、1962年(昭和37年)から始まった戸塚駅周辺のまちづくり計画は、この日のアンダーパス開通で造成や建築に関する事業は終了する、との事。これによって「大踏切に代わる戸塚の新しい物語を作っていく時代がスタートする」のかどうか、記者としてもじっくり観察していきたい所です。
IMG_8298.JPG
IMG_8293.JPG
 ちなみに、西口側から「アンダーパス一番乗り」を果たしたのは、写真のバイクでした。
IMG_8279.JPG

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

いよいよ秒読み [社会]

IMG_8261.JPG
 本欄でも度々取り上げて来ましたが、長らく続いてきたアンダーパス工事もほぼ完了し、あとは今月25日の開通式を待つだけとなりました。
  これによって戸塚駅前の"最大の難所"となっていたJRの大踏切は廃止され、「人は上(歩道橋)を、車は下(アンダーパス)を」という新たな通行形態が始まることになります。
IMG_8253.JPG
IMG_8267.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

お得意の勇み足 [社会]

 つい最近まで、"仇敵"である朝日新聞を散々叩きに叩いて発行部数の大幅増を目論んでいた産経新聞でしたが、今度は自分たちで墓穴を掘ったようです。
 ちなみに、この曽野綾子というクソババアは、日米安保改定で世論が揺れていた1960年当時は「社会党を支持する」と朝日新聞で堂々と主張していましたが、今では「右翼のカリスマ」として有名な方なのだそうです(笑)。
 (日本アフリカ協議会→http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/archives/sonoayako-sankei20150211.html

AJFは、2015年2月13日、以下の抗議文を、曽野綾子さんおよび産経新聞社・飯塚常務取締役あてに、FAXおよび郵便で送りました。

『産経新聞』2015年2月11日付朝刊7面に掲載された、曽野綾子氏のコラム「労働力不足と移民」は、南アフリカのアパルトヘイト問題や、日本社会における多様なルーツをもつ人々の共生に関心を寄せてきた私たちにとって、看過できない内容を含んでおり、著者の曽野綾子氏およびコラムを掲載した産経新聞社に対して、ここに強く抗議いたします。

曽野氏はコラムのなかで、高齢者介護を担う労働力不足を緩和するための移民労働者受入れについて述べるなかで、「外国人を理解するために、居住を共にするということは至難の業」であり、「もう20~30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった」との持論を展開しています。

「アパルトヘイト」は現地の言葉で「隔離」を意味し、人種ごとに居住区を分けることがすべてのアパルトヘイト政策の根幹にありました。また、アパルトヘイトは、特権をもつ一部の集団が、権利を剥奪された他の集団を、必要なぶんだけ労働力として利用しつつ、居住区は別に指定して自分たちの生活空間から排除するという、労働力管理システムでもありました。移民労働者の導入にからめて「居住区を分ける」ことを提案する曽野氏の主張は、アパルトヘイトの労働力管理システムと同じです。国際社会から「人道に対する罪」と強く非難されてきたアパルトヘイトを擁護し、さらにそれを日本でも導入せよとの曽野氏の主張は言語道断であり、強く抗議いたします。このような考え方は国際社会の一員としても恥ずべきものです。

おりしも、このコラムが掲載された2015年2月11日は、故ネルソン・マンデラ氏が釈放されて、ちょうど25年目にあたる日でした。その記念すべき日に、南アフリカの人びとが命をかけて勝ち取ったアパルトヘイトの終焉と人種差別のない社会の価値を否定するような文章が社会の公器たる新聞紙上に掲載されたことを、私たちはとても残念に思います。

曽野綾子氏と産経新聞社には、当該コラムの撤回と、南アフリカの人々への謝罪を求めます。また、このような内容のコラムが掲載されるに至った経緯、および人権や人種差別問題に関する見解を明らかにすることを求めます。以上について、2015年2月28日までに文書でアフリカ日本協議会(AJF)へお知らせくださるようお願いいたします。また、貴社のご対応内容については他の市民団体、在日南アフリカ共和国大使館、国際機関、報道機関などへ公開するつもりであることを申し添えます。

2015年2月13
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

消える歴史遺産 [社会]

IMG_7444.JPG
 下記に紹介した記事の通り、昨年から所有者の解体計画をめぐって議論が噴出していた旧三井物産倉庫は、保存を求める声も空しく、あっけなく解体されてしまいました。
 所有者としてみれば、「維持費ばかりがかかって何の利用価値も無いのだから、解体は当然」と言いたい所でしょう。問題なのは、口先では「出来れば保存して欲しい」と要請しておきながら何の援助もしない行政・関係者の無責任な姿勢です。

 横浜市民の立場からすれば、「およそ馬鹿げたカジノ計画に税金を投ずる余裕があるのなら、教育や歴史・文化遺産の保存にもっとお金を使えよ」とも言いたくなります。それこそ、横浜市を”鉄火場(賭博場)”にして一時的に税収が増えたとしても、人心が荒廃したり治安が悪化したりして市民が平穏に暮らせなくなったら、ちゃんと責任を取ってくれるのでしょうかね?林市長サン。 

旧三井物産横浜支店倉庫 解体 正式に着手 保存の声届かず(2014年11月6日 神奈川新聞カナロコ)
 横浜市中区 取り壊しの計画が持ち上がっていた明治末期の倉庫建築、旧三井物産横浜支店倉庫(旧日東倉庫、横浜市中区日本大通)の解体が5日、正式に着工した。所有者の不動産業ケン・コーポレーションが取材に対し明らかにした。専門家からは「世界遺産級の価値がある」との評価もあり、保存の声が高まっていた。  倉庫前には同日、解体計画を記す看板が掲示された。同社によると、近く準備作業に入り、来年2月中旬までに終了する。「保存の声もあったが、予定通り倉庫は解体する」としている。  跡地利用は未定。倉庫に隣接し、同じく明治末期に建てられ建築史的価値が高いとされる旧三井物産横浜支店ビルは、保存するという。  倉庫は1910(明治43)年に完成。れんが、木、鉄筋コンクリートが組み合わされた混構造で、全国的に希少。横浜の生糸貿易を支えた歴史的価値も高いが、これまで所有者が同意せず、文化財指定などは受けていなかった。  市都市デザイン室は「できれば保存を考えてほしいと文書などで申し入れていたが。結果的に解体となったことについては、残念だ」と話す。  建築史が専門の吉田鋼市・横浜国大名誉教授は「倉庫としての空間は、仮に一部の部材が保存されたとしても復元できるものではない」と指摘。専門家組織である横浜歴史資産調査会の米山淳一事務局長は「この倉庫は横浜の歴史の要といえ、このまま失えば歴史的建造物の保存に取り組んできた先達に申し訳ない。残すためのあらゆる方策を諦めず考えている」と話している。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「愛の無い」駅? [名所・旧跡]

IMG_7958.JPG
 もう1ヵ月半ほど前のことですが、記者はたまたま格安料金のツアーを利用して北海道の北見地方へ出かけた所、JR石北本線で珍しい駅名を見つけ、思わず列車の中から写真を撮ってしまいました。

 その駅の名は、「あいのない」です。北海道は元々、アイヌ語が語源となっている地名が数多く存在する為、本州に住む人間にとっては、殆どまともに読むことが出来ません。

 ちなみに、この日に私が最初に乗車した駅は「留辺蕊」で、その隣の駅が相内だったりします。
IMG_7952.JPG
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

もう笑うしかありません [政治]

ph36.jpg
 2014年10月23日付けの日刊スポーツでは、安倍内閣「女難」さつき氏も全面謝罪にとの見出しで、片山外交防衛委員長のおバカっぷりを、以下のように報じています。

  自民党の片山さつき参院外交防衛委員長は22日、政府側が用意した想定問答資料を所持し、野党の反発で委員会の審議を中断させるトラブルを起こした問題で、全面謝罪に追い込まれた。先月もツイッターに事実誤認の内容を記し、頭を下げたばかり。自民党は、次に問題を起こせば委員長更迭と、最後通告した。小渕優子、松島みどり両氏のダブル辞任ショックが消えない中、再び女性議員の問題が発生。安倍内閣の「女難」はいつまで続くのか。  片山氏は22日、同委理事懇談会で、「本当に不注意だった。深くおわびする」と謝罪。取材にも「中立公平な運営は、何よりモットーとすべき委員長の仕事として深く自覚しなければならない。深く反省している」と疲れた表情で答えた。  問題が発覚したのは21日の委員会。片山氏が、政府側の答弁資料を審議中に読んでいたため、野党が猛反発、審議は打ち切られた。資料は、大臣答弁に際して準備される、いわゆる「想定問答」の内容だった。  片山氏は16日と21日、参院事務局を通じて防衛、外務両省に資料の提出を指示したという。委員会では、辞任した小渕、松島両氏に続き、野党が「ドミノ辞任」の標的にする江渡聡徳防衛相が、政治資金収支報告書の訂正問題で追及を受ける。「審議で、センシティブ(敏感)なやりとりが予想される(ため)」のが、入手の理由だった。  しかし常任委員会の委員長は、所属政党に関係なく、中立な運営が求められる。片山氏はイロハのイを破った形で、委員長の資質が問われる事態に陥った。  野党は、打ち切られた審議再開の条件として、片山氏が持っていた資料の提出を要求。外務、防衛両省は応じず、日程は未定のまま、審議に影響が出ている。  片山氏は就任直後の9月下旬、御嶽山の噴火に関し「民主党政権の事業仕分けで、常時監視の対象から外れた」と事実とは異なる内容をツイッターに投稿、謝罪したばかり。このときも今回も、民主党に頭を下げた自民党の吉田博美参院国対委員長は、片山氏に「次はない」と通告。再び問題を起こせば、更迭になる。  関係者によると、トラブル続きの片山氏の早期交代論は強かったが、女性閣僚のダブル辞任に続き女性委員長が更迭なら、政権のダメージが大きいと、見送られた。第2次安倍改造内閣を支えるはずの女性議員に続く、スキャンダルのドミノ。傷口はじわじわ広がっている。【中山知子】

 片山サンと言えば、舛添東京都知事の元妻・・・いやいや、東大から大蔵省のキャリア官僚を経て衆院議員→参院議員に上り詰めるという華々しい経歴の持ち主で、ごく一部の方から熱狂的な支持を集める”カリスマ小泉チルドレン”としても知られています。

 そんな鉄仮面の片山サンが、ネットに事実無根の内容を書き込んだり、委員会にカンニングペーパーを持ち込むとは、とても信じられないでしょう。ごく一部の方々にとっては。

 でもまあ、朝日新聞よりも謝罪が早かった点を評価するのでしょうね。ごく一部の方々は。

 いずれにせよ、片山サンには末永い活躍を期待しています。記者からすると大迷惑ですが。
 ちなみに、上の写真は「さつきフォトギャラリー」に掲載されているものです。さすが片山サン。自己顕示欲バリバリですね。華々しい経歴のわりには、あまり中身が伴っていないようですが(笑)。

 

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

まだ2回目 [社会]

IMG_7740.JPG
 全国的には台風の襲来が懸念されている10月11日、晴天となった横浜では2回目となる「横浜運河パレード」が開催されました。
IMG_7735.JPG
IMG_7756.JPG
IMG_7734.JPG
 2013年から始まったこのパレードは、大岡川にある黄金町の船着場(桜桟橋)からプレジャーボート等を使って中村川・山下埠頭を経由し、横浜港から大岡川に戻ってくる、というもの。NPO団体の濱橋会が主体となって行われていますが市民の認知度はまだまだ低く、企画を含めて今後どうやって盛り上げていくのかが今後の課題となりそうです。
 (濱橋会→http://hamabridge.jimdo.com/
IMG_7719.JPG
IMG_7743.JPG
IMG_7769.JPG
IMG_7780.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

横浜に現れた「埼玉キャラ」 [社会]

新しいイメージ.JPG
 28日の昼頃、東急東横線みなとみらい線の横浜駅に神奈川県内では見慣れないキャラが現れ、利用客の注目を集めました。
 これは、昨年3月から開始された東横線と西武池袋線の相互直通運転を宣伝する一環で行われたようです。上の写真は、所沢市のイメージマスコットの「トコろん」で、下は狭山市の「おりぴぃ」です。勿論、記者はこのキャラを見たのは初めてです。

 ちなみに東急電鉄と西武鉄道は、かつて「箱根山戦争」と呼ばれる激しい利用客争奪戦を演じ、文字通り”犬猿の仲”だったことでも知られています。その両社が一本の鉄路で結ばれることになるとは・・・・・と、記者も時代の移り変わりをつくづく実感する今日この頃です。 
新しいイメージ.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

急がれる復旧 [社会]

IMG_7481.JPG
 今年の夏は例年に無い豪雨に見舞われ、各地で多くの被害をもたらしましたが、神奈川県内では横須賀市ハイランドで6月に大規模な土砂崩れが発生し、3ヶ月経った現在も復旧作業が進められています。

 横須賀市の発表資料によると、6日10時の降り始めから6月7日2時までの連続雨量は158mmに達し、元々周囲の地盤が弱かった影響もあって今回のような結果になったと思われます。
 発生当時は土砂で市道が完全に塞がってしまいましたが、現在は片側通行が可能となりました。しかし、まだブルーシートがかぶさったままで今後また大雨が降った場合は更なる被害も懸念されますので、一日も早い完全復旧が望まれます。
 (横須賀市→http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/0120/nagekomi/20140607gake.html
IMG_7465.JPG
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -
メッセージを送る